地球のために、未来のためにできること。

トピックス

家電リサイクル法が平成13年4月1日から施行されました

家電リサイクル法について

これまでごみとして処分されていた使用済家電製品には、リサイクルできる部品や材料が多く含まれています。
家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、限りある地球の資源を大切にして循環型社会の実現を目指すために、消費者、販売店、家電メーカーがそれぞれの役割を分担して、廃棄物の減量と資源の有効利用を図っていくものです。

●対象となる家電製品(4品目)
テレビ・冷蔵庫/冷凍庫・洗濯機/衣類乾燥機・エアコン(※業務用の機器は除きます)

●料金について
廃棄の際は、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかります。

(税抜き金額)

対象となる家電製品
リサイクル料金
収集運搬料金
テレビ(15型以下)
1,700円
別途、各販売店、回収センターの収集・運搬料金がかかります。
テレビ(16型以上)
2,700円
別途、各販売店、回収センターの収集・運搬料金がかかります。
冷蔵庫・冷凍庫(170L以下)
3,400円
別途、各販売店、回収センターの収集・運搬料金がかかります。
冷蔵庫・冷凍庫(171L以上)
4,300円
別途、各販売店、回収センターの収集・運搬料金がかかります。
洗濯機・衣類乾燥機
2,300円
別途、各販売店、回収センターの収集・運搬料金がかかります。
エアコン
1,300円
別途、各販売店、回収センターの収集・運搬料金がかかります。

*現在公表されている製造メーカーのリサイクル料金です。
主なメーカーが定めた料金でありメーカーによって料金が一部異なる場合があります。

*郵便局での家電リサイクル券の発行が必要です。
払い込み手数料が別途必要となります。

ご不明な場合はお問い合わせください。(096-357-0070)

熊本市からのお知らせリサイクル材受入基準事例集 (塩化ビニル管・継手協会 平成13年6月)
特定家庭用機器(家電リサイクル法適用対象)一覧
対象となる家電製品
対象
対象外
テレビ
・ブラウン管式テレビ(VTR内蔵含む)
・液晶、プラズマ式テレビ
 (HDD/DVD内蔵含む)
・着脱式附属専用スピーカー
・プロジェクションテレビ
・パソコン用ディスプレイモニター
・車載用液晶テレビ
・浴室、キッチン用テレビ
 (建築物組込み用のもの)
・テレビ台
・病院、旅館等で使用の コインボックス
 内蔵型テレビ
冷蔵庫・冷凍庫
・冷蔵庫、冷凍冷蔵庫
・ワイン庫(ワインセラー)
・冷凍庫
 (チェスト形・アップライト形・引き出し形)
・ショーケース(店舗用)
・冷凍ストッカー(店舗用)
・冷水機、製氷機
洗濯機・衣類乾燥機
・洗濯乾燥機
・全自動洗濯機
・2槽式洗濯機
・ガス衣類乾燥機、電気衣類乾燥機
・脱水機
・衣類乾燥機置き台
エアコン
・壁掛型、床置型のセパレートタイプ
・壁掛型、床置型のハイブリッドエアコン
(石油、ガス、電気併用エアコン等)
・ウィンドウタイプ
・天井埋込型エアコン
・壁埋込型エアコン
・室外機の置台及び屋根
・冷風機、冷風扇(ウィンドファン)、除湿機等